桐下駄・桐工芸品・桐タンス・桐原木の伐採・製材・桐板販売等 専門店のホームページです

      サイト初回製作日 1995年11月11日〜現在           桐職人の技

    原木からの 拘り お見せいたします{桐専門で生きてきた三代続く桐職人の技術です}

     「茨城県桐下駄連合会」代表 猪ノ原昭廣              2016年9月10日 最新版

                      ・・・茨城県郷土工芸品指定第16号・・・ 

    
  ※(社)茨城県観光物産協会
     
※ 茨城県桐下駄連合会 会長
     
※ 筑西市関城物産協会 副会長
     



                           
         当工房が最近取材を受けました、広報誌各種の ご紹介です。
         
  左側写真-茨城県広報誌「ひばり」掲載記事/右側写真-筑西市2010年度版 要覧掲載記事 
         桐下駄を造る工程が良く御覧になれます。

                          イベント情報 最新版

                     ロールオーバー カーソルタッチ

                     

                    

                    ※ついに完成 元祖-業界初の「くるみの皮張りデザインクロス」・・・

                                  多くの方々に作品披露致しました、デザインクロスは注目の的です・・・!
                                  2015年用 新作 製作中 完成間近です 2015年12月2日から発売です
                                   受注生産になりますが、どうぞ御期待ください

 ・・・関東で優一の桐原木伐採から花緒スゲ仕上げまでの100%生産メーカーです・・・                                                         

桐乃華工房の三代目 猪ノ原武史です 宜しくお願いいたします        

                                         
               


高級柾下駄の桐材の玉切り
(猪ノ原桐材木工所 資材置き場にて))
これだけ太い桐樹は希少価値
高級桐タンスにも使用される良質丸太です


                                日本初!・・・最高級「舟形横波柄鎌倉彫の天芭蕉布張り分け」
                                   
真壁ひな祭りで「デビィ婦人へプレゼント」いたしました。
                                   
(カーソルを付けて見て下さい)

                                           
                                この作品は、3年前から試行錯誤してやっと 完成致しました、日本初の芭蕉布ライン桐下駄です

                        

         2016.3月 今年は、美川憲一様 真壁の雛祭りにお越しくださいました。
         真壁の一日警察署長で交通安全キャンペーン実施しました、後に
         ミニ歌謡ショー人気でした、思わず新曲購入しました、記念写真も
         撮って戴き良い思い出となりました。

               

                                    桐乃華企画by猪ノ原桐材

                  桐のトータルプランナー   伝統桐工芸品・桐下駄・桐箪笥のホームペジです

           茨城県郷土工芸品とは・・・昭和62年12月25に制定した「茨城県郷土工芸品指定要領」に元づき知事がしていするもので、下記の
                                      
@〜B要件を備えるもので、かつC又はDの要件を満たすことが必要です
                                 

                          @主として日常生活の用に供されるもの。日常生活で使用するものを意味し、半製品・原材料や商売用道具
                           美術品等は対象外となる。
                          A製造工程の主要部分が手工業的であること。この場合、製品の持味に影響をあたえる生産工程の中心に
                        
        なる部分が熟練を要する手工業であることをいう。
                                B一定の期間、
県内において製造されているもので、将来にわたり製造の継続が見込まれること。
        
                    一定の期間とは5年間以上の継続を意味する。
                           C伝統的な技術又は技法に基づき、かつ伝統的に使用されてきた原材料が主たる原材料として用いられ
                           製造されるものであること。伝統的とは、本県が必ずしも発祥地である必要はないが、既ね100年以上の
                           歴史をもつこととし、主たる原材料とは工芸品の品質・持味を維持するために必要不可欠なものをいう。
                           D郷土の風土、くらし及び資源等を題材又は素材とし、優れた技術又は技法により製造され、品格をそなえた
                                 もの。
100年以上の歴史は有しないが、伝統的な技術・技法に準じて手工業により製造されるもので 
                           郷土色豊かなものをいう。

                        

  

                       茨城県 郷土工芸品技術伝承後継者 三代目 猪ノ原武史

                  {業界最年少の桐下駄職人です(当社調べ2013年現在)頑張ります}

 桐樹アラカルト
                       

桐下駄
桐箪笥
桐 箱
桐工芸品
工場見学
原木の伐採
交通ガイド リンク
沿 革 通販コーナー プレゼント 管理人紹介
スタッフ 日光下駄「木の花」 イベント情報 出張体験教室
お面の桐材料 桐銘木/桐板販売 日光下駄 倉田工房 2010年「足袋」製作
2007年度 作品 2008年度 作品 2009年度 作品 2010年度 新製品
2011年度大震災で・・!   2012年度 作品 2013年度 作品 2014年度 作品
 2015年度 作品  2016年度 作品    
       

                

                                                   

桐乃華工房by猪ノ原桐材木工所

                            〒308−0122
                                      茨城県筑西市関本上345
                                      TEL&FAX 0296−37−6108
                                      URL http://www.kirinohana.com/

                                 履物に関する質問、疑問、判る範囲でお答えします。また、特別注文、等のお問い合わせは
                                 TEL&FAX又はメールにてお願い致します。
                                 メールアドレスは です。
                                 (申し訳ございません。スパム対策のため画像で表示しています)
                                 

       

                                   hp製作でお世話になりました地元のweb会社です
                                        
筑西市の情報が良くわかります