お知らせ
  • 2020.06.27
    ジョイフル幸手J-2コーナー 実演販売6/27~7/12まで
  • 2020.06.12
    道の駅 かわプラザ6/6~6/7まで
  • 2020.06.08
    水戸京成百貨店 6階特設会場 6/11木曜日~6/21日曜日(父の日)まで
  • 2020.06.08
    東武宇都宮百貨店 7階美術画廊特設会場 7/2木曜日~7/7火曜日まで
  • 2020.06.08
    桐乃華工房 ホームページをリニューアルしました。

桐材へのこだわり

「桐と共に歩んで70年。

時代に合わせて、いつまでも愛される桐下駄を

残してゆきたい」

桐乃華工房は2021年 創業70周年を迎えます。

素材となる桐原木は、東北材や新潟桐、秋田桐の上質な桐をはじめ、北関東においては自らの手で伐採・切り出しを行っています。

丸太の状態で乾燥したのち、製材し、輪積みをして再び乾燥・アク抜きを行ってから、適材適所、桐下駄に加工してゆきます。

この日本の風土の中で生きた良質な桐を、初代創業時からの桐下駄機械を用いて、受け継がれた伝統の技で作り続けています。

桐乃華工房では匠の技による本柾下駄から、時代に合わせたぞうりタイプ、GETAサンダルなどの新製品、また子供の下駄まで幅広く製造しております。
桐下駄以外にもまな板や積み木等の工芸品、そして能面に使用する材料販売も行っています。
商品について